Masami Takashima Blog

  • Live2021年7月16日 update


    4月に行う予定だったLUXでの振替公演です。

    デュオ編成でのライブは2年ぶり?となります。
    今回のライブに向けて対策を気をつけながらスタジオでもリハーサルを重ねています。デュオ編成でのライブスタイルも数年やってきて少しずつブラッシュアップしているのではないかと実感しています。「歌う」ということへあらたな気持ちを持てるようになってきたところ。このような状況下ということもあり、1本のライブがとても貴重な今、大事に演奏したいと思っています。


    当日は下記のとおり、ご来場いただく方にはさまざまなお願いごともありますが、
    十分に対策を行って開催します。


    会場のLUXはiL跡地。イベントも行えるお店です。オーナーさんはYPYなどを香川に招集しイベントなどをオーガナイズしたりDJとしても活動されています。iLといえば高松の方には説明不要かとは思いますが、瀬戸内雑音音楽祭、瀬戸内ビートサミットなどのオーガナイズをはじめ、iL店内でも数多くのミュージシャン/DJの名演が繰り広げられてきた場所です。(詳しくはiLのページをどうぞ)近年では食品まつりさんのライブが素晴らしかったのは記憶に新しいですが、その空気をそのまま引き継がれています。LUXはライブハウスではなくイベントもできるお店だけど、良い音の鳴りがする場所です。

    今回は音響/配信共にDIYではありますがリアルタイム配信も行います。去年末からずっと考えていて勉強してきましたが、とても難しい… というのが素直な気持ち。映像に詳しい方にアドバイスいただいたりしつつ(Da Hiraくんありがとう!)テスト&テスト試行錯誤の繰り返し。立派な機材などは持っていないのであるものを活用していくというまさにDIYではありますが、配信用の音にも十分配慮して配信を行う予定です。色々熟考した結果有料配信とさせていただきます。Peatix、もしくはTWIN SHIPSの通販にて概要をお読みのうえ、お求めをお願いいたします。





    LUX Live Session
    2021.8.1(日) 高松LUX(ルクス)
    香川県高松市常磐町1-7-5

    Vocal,Pf & Synth Bass : Masami Takashima
    Drums & Sampler : Mineo Kawasaki(cowbells)

    Open 17:30 / Start 18:00 
    Event Close 19:30



    Ticket ¥1000
    【来場】+1drink order 席数限定・要予約
    【配信】Peatix https://livetsr.peatix.com 
    TWIN SHIPS RECORDS 通販 (PC推奨・PDFのダウンロードが必要です)
    https://twinships.buyshop.jp/items/48144094





    インフォメーション
    https://twin-ships.com/information/1440

    本公演は4月25日の振替公演です
    公演当日、会場では新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに従い
    下記の対策を行いますのでご協力をお願いいたします

    ご入場時には検温・連絡先のご記入をお願いします
    会場内ではマスク着用、禁煙のご協力をお願いいたします
    体調の優れない方、発熱のある方、泥酔されている方のご入場はお断りします
    定員は僅少数とし観覧席の距離を保ちます
    定期的に換気を行います
    また社会情勢により公演内容が変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください


    TWIN SHIPS RECORDS / Masami Takashima (TwitterInstagram)
    お問い合わせは下記CONTACTまでお願いいたします。
    https://twin-ships.com/contact




    7/27配信情報等、追記しました。




  • New – Sounds2021年7月11日 update


    Masami Takashima Ambient Live Recording at Takamatsu Lux
    日差しの差し込む明るい時間。鍵盤を弾く音さえも反響するほどの小音で、全開の入口ドアの外から聞こえる街の音もそのまま収録しました。

    Special Thank you : LUX & Pheme


    歌わない、電子音楽、ピアノと歌。coet cocoehの名義で活動を始めた2004年に立ち返りつつも現在を纏った内容になっていると思います。当時「ピアノと実験」というデモ音源(廃盤)作ったことなどをふと思い出しました。

    4月の延期とさせていただいた公演の当日、お客さんのいない店内でサウンドテストも兼ねて収録させていただきました。
    振替公演はドラムスMineo Kawasakiとの編成にてLive Sessionを8月1日に行います。配信もあります。詳細は下記です。





  • 1ヶ月を経て2021年6月26日 update

    梅雨真っ只中。穏やかな気候が続いてた6月もそろそろ終わろうとしています。7インチのリリースからちょうど1ヶ月が経ちました。直接連絡をくれたり、SNS上で見かける感想などを読ませていただきながら、本当にありがたく、無事に届けられてほっとしつつ、夏に向けて届けることができたよかったと改めて思っています。私の住む街のレコード店、ルーツレコードへようやくご挨拶に行くことができた。レジ横の目立つ場所にも置いてくださっています。

    レーベル分はすべて出荷済みとなっており、大変ありがたいことにお店によっては完売のところもあるようです。気にしてくださっている方はどうかお店の情報やアーティストの通販をご覧いただけたら嬉しいです。

    去年の今頃、レコードになることなんてまったく想像せずに作り始めた1曲は、紆余曲折を経て、レコードになった。1年前この曲の原型を作っていた頃と、変わっているようで変わっていない、変わっていないようですっかり変わってしまった今の日々を、今を生きる子供たちはどう記憶していくのだろう。
    当たり前だったことを忘れずに、当たり前じゃないやり方で進めていく事を、こだわりなく柔軟でありたいと思う。この1枚が寄り添えるものでありますように。
    たくさんの感謝を込めて。

    取り扱い店については特設ページをご覧ください
    https://twin-ships.com/collaboration/

  • 5.262021年5月25日 update

    「夏の片隅で」を作り始めた頃から季節が一回りしました。

    変容する状況の中で、悩み続けていることの断片が
    この2曲の中には散りばめられているのかなと今日思いました。
    得能さんのマスタリングのおかげで音もとても良い仕上がりになっています。
    活版印刷を用いることを前提としたアートワークのジャケット。
    インクはそのうち色は褪せていくと思うけど、
    それも良きかなと。
    2曲のコラボレーション。 
    5月26日発売です。

    最後になりましたが、
    コメントをお寄せくださった
    松永良平さん、COMPUMAさん、瀬戸内バレアリックの藤田さん。
    制作においてとてもお世話になった方々、
    ラジオでOAしてくださったクリゼンさん、Jimmie Soulさん、ミズモトさん。 
    JET SET様、音楽出版ジュンアンドケイ様
    そして、私の関わる音楽をいつも聴いてくださっている皆様。
    この場をお借りしてお礼申し上げます。
    ———————————

    「夏の片隅で / 夜が明けたら」特設ページ
    blog

  • 4.25 について2021年4月13日 update

    4.25(日) 高松ルクス( 旧 iL跡地 ) 延期となっております

    Masami Takashima × Mineo Kawasaki

    open18:00 start 18:30

    ticket1000yen +1drink order (席数限定)

    マスク着用・検温・消毒等感染拡大防止にご協力をお願いいたします。

    また状況により直前の変更等がある場合もあります。予めご了承ください。

    ……………

    久しぶりにcowbellsのmineoくんとの演奏です。

    去年はスタジオも全然入れなかったけれど、今年はタイミングを見ながらライブや配信を行えたらと峰央くんにも協力していただきながら、時間をかけてこつこつと動いてます。ゲストを招いたり、配信や映像として記録するなどフレキシブルに行う演奏活動です。初回はルクスでの演奏です。

    感染拡大防止対策と、スペースの関係上、席数は少数で開催予定です。

    定期的に換気しながら行います。

    ご予約、お取り置きは私までお願いします。

Archive